「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

冬至(2016/12/21)の写真です。

先日は冬至に夕日を一緒に見ませんかイベントにお越しいただきありがとうございます。 冬至は日照時間が一番短い日、太陽の高度が一番低い日とかマイナスイメージの日にされていますが本来はこれから日が長くなっていく起点の日であり、太陽にとってはお正月であります。
来年もこのめでたい日に皆さんと一緒に夕日をみたいと思います。

冬至の日が近づくと仁王様の目にもまぶしい光が届くようになったり、境内もこの時期ならではの柔らかい光が演出した景色となります。
※下段中央の古井戸は花山法皇さまもお使いになられたとか。

冬至の日12/21(水)夕日を一緒にみませんか


12/16の写真です。 雲さんがもう少し遠慮してくれると良かったですが夕日と雲がコラボレーションして綺麗な感じにとれました。
小豆島もうっすらと島影(右側)を見せてくれました。
 →当日(12月21日)は住職もご一緒させていただく予定です。
 
お願い事項
当日は余裕をもってお越しになり本堂にまずお詣りください。
また、皆さんに気持ちよく夕日をご覧いただくために展望所前面中央部分(ベンチ付近)への三脚、脚立類の設置はご遠慮ください。


12/20の夕日です。 真っ赤に見えて綺麗でした。


12/18の夕日です。 小豆島は見えませんでした。
 

小豆島がはっきり見えるとこんな感じです。(望遠)

20151222
去年の冬至の写真です。 今年も見えて欲しいですね。

※台風一過の空気の澄み切った日などには高確率で小豆島をご覧いただけますが、冬至の日ならいつでも見えるものではありません。

霧の朝は交通安全に気をつけてお越しください

昨日は(12/5)は平日にもかかわらず、 霧が出たということで朝早くからたくさんの方にご来寺いただきありがとうございます。
 残念ながら雲海は見えませんでしたが、早朝のひととき花山院ですごされたわけですから山の木々が生み出す新鮮な空気をいっぱい取り込んでお帰りいただけたとは思います。

皆さんへの住職からのお願い
霧の中お越しになるわけですから、交通安全を願いますが
もう一つ
雲海の写真が撮りたい!の一心でお越しになるにしても、寺院にお越しになったのですから、写真の後先は問いません、ぜひ本堂にお詣りください。
dsc_0211

神仏のお陰をいっぱい受けるワンポイント
祈り方は自由ですが
御仏を慕う温かい思いの量と比例すると言われてます。
本堂でご挨拶されるときにはこの事を忘れずに。

Instagram始めました

本日(11/30)より花山院菩提寺の公式Instagram始めました。
これから気ままに撮りためた写真をシェアしていきますので、よろしければフォローお願いいたします。

ユーザー名 花山院菩提寺 kazanin.bodaiji
→Instagramへ

11月28日の境内風景です

今日(11/28)の境内風景です。
花山院は紅葉のシーズンが終わり、これからは霧(雲海)を楽しむ冬のシーズン到来となります。
20161128-1
落ち葉が重なり合い風情がありますが、11月末にはお掃除されてなくなります。

20161128-3
山門下の駐車場から見える冬桜です、こちらは12月も可憐に咲き続けます。

11月17日の境内風景です

今日(11/17)の境内風景です。
紅葉まっ盛りです、境内のどちらにいかれましても、この時期ならではのキレイなお写真が撮れますかと。
見てよし、撮ってよしの花山院にお詣りにお越しください。

11月10日の境内風景です

今日(11/10)の境内風景です。 
イチョウが一番の見頃です。
山門を入り、石段を上がると、目の前に現れる景色に皆さん一様に声をあげられます。 ワーきれい!

10月中旬の花、木です。

暑かったり、涼しいを通り越して少し肌寒い日もあったり、花木の変化が楽しいです。

10月12日~17日撮影

 

10月24日撮影

10月初旬の花、木です。

秋の山歩きは色々な木々の実や植物の花を楽しむことが出来ます。
花山院は車で山上まで一気にお越しになるのもいいですが、車を下に置いて、秋の気を感じながら、ゆっくりと歩かれるのも如何でしょうか。

お盆に蓮の花が咲きました 2016/08/16

お釈迦様は泥沼に咲く蓮華(ハスの花)を例えにして法をとかれましたので、仏教においてはシンボル的なお花です。
人間は誰も仏の子としての仏性の種を持っている、その種を開花させることが大切です。とこの花で人々に教えを示されました。
合掌のお作法に蓮華合掌というものがあります。手を少し膨らませて合掌するのですが、皆様も日々合掌をしてこの花を心の中に想起し、自分の体と心の中に仏性を感じてください。合掌はただ仏様を拝むためだけのお作法ではありませんよ。

今年も菩提樹の花が咲きました 2016/06/22

お釈迦様は菩提樹の下で悟りに到達されたことになっています。
悟りとは 喜怒哀楽を感じる心の存在理由を解明し真理に到達することです。
お釈迦様は宗教者と言うより真理の探究者と言えましょう。
少し暑い時期になりましたが、爽やかな境内の菩提樹の下、悟りの気分を味わいにお越しください。

サツキが満開です 2016/06/05

境内はサツキが満開です。法皇の陵に向かう道に、本堂の前に、また有馬冨士を眺望する展望所に満開です。
そして、そのサツキには沢山の花蜂くんたちが、黙々と蜜集めに精を出しています。
大自然の営みに頑張るという営みはありません。ただ今することをしているだけ。お釈迦様の教え、中道の生き方そのものですよね。

雪景色 2016/02/07

歳時記の中に、春の雪降りしきれども積もらざる、と記されているように、春の雪はお日様が照るとあっという間に解けてしまいます。
その儚さを人の命に例えることもありますが、今回の雪もお日様が照るとすぐに解けて石畳の水たまりには御堂が映っていました。
立春が過ぎると雪を解かすお日様の光に何かしら春の気配を感じます。季節の彩なす花山院にどうぞお越し下さい。

冬の花山院 2016/01/26

2015/12月から撮り始めた写真です。
気に入った写真が撮れましたら、気ままに追加していきます。

紅葉情報 2015/11/24

11/24境内の紅葉情報をお知らせします。
紅葉のピークは過ぎておりますが、今年は天候のお陰で一斉に真っ赤にならず、木々がいろいろな個性を見せてくれています。  

紅葉情報 2015/11/11

11/11、13境内の紅葉情報をお知らせします。
11/5の写真と見くらべていただくとわかりますが、モミジがずいぶんと色づいてきました。今はグラデーションが最高に綺麗です。

写経会、写経会場に関するお知らせ

写経会は今年はあと二回となりました。

11月7日(土)
12月5日(土)(本年最終回)

来年は3月5日から開始予定です。

※写経会以外は自由にご利用いただいています写経会場は
冬期は閉鎖とさせていただきます。
閉鎖期間 平成27年12月6日~平成28年3月4日