「Topic(ご案内)」カテゴリーアーカイブ

Topic 2017/12/15

この冬、初めての雪景色です→12月9日

ほんの少し前まで紅葉の写真をホームページにのせてましたら
今年は季節の進みが早いのかもう雪景色です。
これからの花山院は凜とした空気の中、雪景色や雲海などの絶景
に出会える季節となります。
幸運に恵まれますと冬至の日前後には小豆島の真上に落ちていく夕日をご覧いただけることもあります。
是非、冬の花山院を楽しみにお越しください。

Topic 2017/11/17

紅葉情報として境内の彩りの変化を写真でご紹介します。今年は台風の影響かもしれませんがイチョウは去年と比べて1週間ほど早く落ち葉を楽しむ状態となりました。モミジはしっかり色づいてまいりましたので、ぜひお越しください。

11月16日

11月13日

11月10日

11月7日

10月31日

10月25日

Topic 2017/11/2

台風が二つ通過して三田市内でも木々がたくさん倒れて大変でしたが皆さんお元気ですか、花山院山本です。
今年はどうなるか少し心配しておりました紅葉ですがこんな感じの秋色に色づいてまいりました。 この三連休ぜひお詣りにお越しください。

写経会からのご案内
定期開催日は毎月一回、第一土曜日ですが
開催日以外はお一人様でも写経会場はご利用可能です。
秋色の境内を眺めながら一人写経するのもいいものです。
ぜひ、ご利用ください。

Topic 2017/05/27

五月のもう後半になり麓の小川ではホタルが舞い始める季節となりましたが皆さんお元気ですか花山院山本です。
当山は新緑の季節から深緑の季節になり、鳥たちは恋の季節から子育てのステップに移っています。

人生の節目が替わり、心機一転頑張るぞ!のはずが連休過ぎてからボーっとしててやる気が出ない?なんていうようなことはありませんか。
ふと、心に愁いや迷いを感じられるようなことがありましたら
山々、木々の自然パワーにあふれた花山院お越しください。
帰りにはきっと元気を取り戻していただけますかと。

鳴くまで待とうのホトトギスの鳴き声も聞こえるように
なりました。

Topic 2017/04/29

いわゆるゴールデンウィークに入りましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか、花山院山本です。
いつの季節も花山院にお越しになると、まず山門をくぐり、石段を上がりきると皆さん境内の美しさに感動されます。
今の時期は 境内の木々に芽がでて、新緑の美しさが加わり、より大きい声で皆さん わ~キレイと言われます。
また、お車で山道を一気に登られると気がつきませんが、一歩ずつ春を確かめながら山道を登られますと、あふれるほどのシャガの花や色々な草花の花も見つけることができます。
ぜひ、若々しい生命の力を肌で感じに花山院にお越しください。

境内(4/24)

  山桜(4/24)

 山道(4/19-20)

Topic 2017/04/01

今日は花山院のもう一つの楽しみ方について

ご来山いただくと
ふつうは山門をくぐり、手水所でお清め、石段を上って本堂に進まれるわけですが、 何の気なしに進むとわかりませんが、心を研ぎ澄まして一段ずつ階段を上るとポーンと気持ちよく響く段があることに気がつきます。  →石段が挨拶してくれるような感じがします。

今まさに春ですから、花山院にお越しになると鳥たちの楽しそうなさえずりがいっぱい聞こえます。これも 注意深く聞き分けるとウグイスや他の鳥たちのさえづりの中にキツツキが木を小突くドラミング音が聞こえたりします。  →朝一番がお勧めです。

お詣りが済んだあと、静かに境内にたたずみ、心を穏やかにして境内を散策されていますと木陰からこちらをのぞいるリスや大きな木の上のフクロウと目が合うかもしれません。
自然も楽し、春の花山院にお越しください。

Topic 2017/03/01

写経会へのお誘い

写経会がはじまって今年で三年目となりました。
住職のお話が楽しいのか、写経ブームのせいかわかりませんが
去年は駐車場でお車の整理が必要なほど盛況な日もあり
ご参加いただいた皆様に花山院一同御礼申し上げます。

写経の後の住職のお話は堅苦しい法話ではなく
日々の話題から気づいたものを色々とお話しされるようです。
す~と肩の力が抜けて心が楽になり、生きる力の糧となるお話中心です。 ぜひ、法話の聞ける写経会にお越しください。

開催日 毎月 一回 第一土曜日 →開始 午前十時
今年は三月四日からです。

写経会Q&A
Q.筆で上手に字が書けないと参加できない
A.誠実に書いていただければ(仏様に対して字の上手下手はありません。) 鉛筆でもボールペンでも万年筆でも何でもOKです。

Q.ルールなんか何も知らないんやけど
A.般若心経(お経)のお手本を見ながらなぞり写すだけですから簡単です。

Q.参加したら少しは字が綺麗になるんでしょうか
A.見て体得するのがベストですが、住職にこっそり秘訣を聞くのも。  真摯に続けてお越しの方は上達されているそうです。

Q.心に愁いのあるような人が主に参加されてるんでしょうか。
 A.お寺にお越しになった方が次のバスまで時間があるから、興味本位でいっぺん写経とやらを経験してみたい、という方もおられます。
 決して宗教心の強い方だけが参加されているわけではありません。 お気軽にご参加ください。

Q.予約は必要ですか
A.参加者が多くてお席がとれない場合がございます。
  必ず事前申し込みください。
  ネットからでも、電話でも、納経所でもOKです。

冬至の日に小豆島に沈む夕日を一緒にみませんか

20161125-1
先日の写真ですが夕日と雲がコラボレーションして綺麗に瀬戸内海に浮かぶ小豆島を見せてくれました。
冬至の前後は夕日が一番南側、小豆島に向かって沈んでゆくため 絶景がご覧いただけます。 
→当日(12月21日)は住職もご一緒させていただく予定です。

お願い事項
当日は余裕をもってお越しになり本堂にまずお詣りください。
また、皆さんに気持ちよく夕日をご覧いただくために展望所前面中央部分(ベンチ付近)への三脚、脚立類の設置はご遠慮ください。
  
20161125-2
肉眼で見るとこんな感じです。

 20151222
去年の冬至の写真です。 今年も見えて欲しいですね。

 ※台風一過の空気の澄み切った日などには高確率で小豆島をご覧いただけますが、冬至の日ならいつでも見えるものではありません。

 

Topic 2016/10/10

境内にはキンモクセイの花が咲き、ほのかな香りがただよう季節になりましたが 皆さんお元気ですか花山院の山本です。
境内のお地蔵様の後ろの椎の木には小さなドングリが一杯実っています。
この実がほしいのかリス達がこれから元気に駆け回るようになります。
また、境内のイチョウもほんの少し黄色くなってきたように思います。 これから日々色づいてまいります、秋の美しい花山院をお楽しみください。 →10月初旬の花、木です。
※今年も紅葉情報は写真などで随時お知らせします。

Topic 2016/06/22

写経会へのお誘い

写経会がはじまって1年が経ちました。
昨年の6月からはじまり冬のお休み期間のぞき毎月多くの方にご参加いただき花山院一同御礼申し上げます。

当初、住職のお話は少し堅めの般若心経の話が中心でしたが
この頃はお釈迦様の教えである中道
自分を幸せに導く生き方についてよくお話しされています。
スカッと心が楽になり、生きる力の糧となるお話中心ですからぜひ、法話の聞ける写経会にお越しください。

写経会の疑問
Q.筆で上手に字が書けないと参加できない
A.誠実に書いていただければ(仏様に対して字の上手下手はありません。) 鉛筆でもボールペンでも万年筆でも何でもOKです。

Q.ルールなんか何も知らないんやけど
A.般若心経(お経)のお手本を見ながらなぞり写すだけですから簡単です。

Q.参加したら少しは字が綺麗になるんでしょうか
A.見て体得するのがベストですが、住職にこっそり秘訣を聞くのも。  真摯に続けてお越しの方は上達されているそうです。

Q.心に愁いのあるような人が主に参加されてるんでしょうか。
A.お寺にお越しになった方が次のバスまで時間があるから、興味本位でいっぺん写経とやらを経験してみたい、という方もおられます。
決して宗教心の強い方だけが参加されているわけではありません。 お気軽にご参加ください。

Q.予約は必要ですか
A.基本的に事前申込必要です。
ネットからでも、電話でも、納経所でもOKです。

Topic 2016/04/06

お詣りついでにお花見しませんか
花山院は花盛りです。 ぜひお詣りにお越しください。
びゅーっと山頂までお車でお越しになるもよし
麓から一歩一歩
山ツツジや山桜などをめでながらのお詣りも楽しいです。

Topic 2016/03/20

春分の日に夕日の写真がきれいに撮れました。
真西に沈むこの夕日が極楽浄土への道しるべとか。
20160320

春分の日、秋分の日の前後は
七地蔵尊の付近からも夕日がご覧になります。
20160322-2
 
20160322-1

Topic 2016/02/26

春の息吹が感じられる写真が撮れました。
ことしのふきのとうは例年より少し早いような気がします。IMG_3449

ふきのとうまだ見た事がないといわれる方は
お詣りついでにぜひご覧ください。

IMG_3435

Topic 2016/01/11

もう今日は成人式の日ですが、皆様はどのような新年をお迎えでしたでしょうか。
元旦には麓に霧がでて、まさに当寺の御詠歌そのものの景色でした。
その霧が晴れるとき山上まで霧が上り境内が霧に包まれたとき、この写真では少し判りにくいかも知れませんが、木々の間から差し込む斜光が御仏の後光のように感じられ大変綺麗でした。
※写真をクリックすると大きな写真でご覧いただけます。
20160101

この一年、神仏の光明はいつも自分に降り注がれているという
メッセージに思います。このような事が肌で感じられる清浄な
花山院にぜひお越しください。

Topic 2015/12/24

いい感じに小豆島の写真がとれましたので冬至小豆島に沈む夕日その2

冬至は太陽がいちばん南に沈むときですが、
花山院からみると播磨灘にある小豆島の真ん中
ぐらいに沈んでいきます。
今年は雲に邪魔されることなく夕日を撮影する
ことが出来ました。
これから一日一日と日が長くなっていくことを
感性を澄まして感じていきたいですね。

大自然の営みを自分自身の感性で感じる。
それが神仏を感じることへとつながっていきます。
いろいろな季節の変化を見せます冬の花山院も楽しいです
ぜひ、体感におこしください。

冬期の開門時間→雲海をご覧になりたい方へ
当山の麓の門扉は普段は朝の7時30分に開門して
いますが朝勤行の時に景色を見て霧が綺麗なときは
少し早めに開けています。

Topic 2015/12/15

12月中旬になってもまだまだ暖かい日が続いていますが
花山院では雲海を見ることができる季節になりました。
IMG_2190

このような雲海の景色を見れたときに
いつも思うのは
御仏の光と
心に曇りを作って遮っている
私たちの姿を彷彿とします。

幸運にも見ることができましたら
麓の霧を見下ろして心を晴らし、御仏とつながった思いで
お祈りをしてお帰り下さい。

見るためのポイント
濃霧で車が走行しづらいような早朝にお越しください。
麓の有馬冨士公園付近に霧がいっぱいある事が条件です。
いっぱいあっても、雨天の霧はだめですよ。
お日様が霧の上に感じることができるような場合です。

Topic 2015/10/24

麓では実りの秋、稲刈りの真っ最中ですが
皆さんお元気ですか、花山院の山本です。
当寺は巡礼寺院でありますが一般の方がお越しになって
景色だけでも十分楽しんでいただける寺院です。
境内では秋らしい爽やかな風が吹き抜け日々色づく木々が
呼びかけております。
これからはイチョウの木もその色を日毎に増し、少し遅れて
もみじ も色づいてまいります。
うららかな秋の日、北摂三田方面へお越しの節は
花山院菩提寺へもぜひお立ち寄りください。

花山院秋の遠景01

展望所から眺める景色は眼下に千丈寺湖、
正面に有馬冨士から六甲連山、遠方に播磨灘
澄み切った日には小豆島もご覧になれます。

境内のイチョウその2

 

Topic 2015/09/19

今年は残暑がなく、お寺参りに快適な9月なりましたが
皆さんお元気ですか花山院の山本です。

よくご質問いただく件についてお答えします。
Q.花山院さんは番外やけど何番目に行ったら?

西国巡礼開祖花山法皇の菩提所の住職としては
花山法皇にお参りをしてから巡礼を始めるのをよしとします。
法皇を讃え、その志を受け継いで巡礼する人はきっと大いなる仏果を授かります。
ご都合の良い順番でよろしいかと。

仙人草_1123
仙人草
実の先端につく白い羽毛状のものを仙人のひげに見立ててこの名前がついたとか、
当方を開かれた法道仙人もひげを伸ばされていたのでしょうか。

Topic 2015/07/27

 麓では夏のまっ盛り
クーラーなしでは写経なんてとてもの季節ですが
皆さん、お元気ですか花山院の山本です。

当山では毎月一回(第一土曜日)の写経会以外でも
いつお越しになっても自由に写経できる会場を
ご用意しています。
何かに愁い、急に写経してみたくなった方も
夏休みに写経をする!の方もお気軽にお越しください。

写経というと筆で上手にと思われる方も多いですが
仏様には字のうまい下手は問題なく、鉛筆やボールペンの使用もOKです

写経のメリット
お寺さん的な話としては
悩みをかかえた自分を次第に抑え、終えたときには
何かが吹っ切れて、元の清々しい気持ちを取り戻す
ことができます。
ですが

それ以外に
自然の治癒力が向上するとか
認知症予防にも効果的であるとか
大学の先生がいわれています。
→ぜひ、霊気に満ちた当寺でお試しください。

第二回の写経会の写真です。
DSC_0285

Topic 2015/07/01

今年も後半が始まりましたが皆さんお元気ですか。
参道を上がるのも少しきつい時節になってきましたが、麓に比べると涼しい風が吹き抜ける花山院です。
この季節、お寺で蝉の声を楽しみながら心を静め、写経に取り組まれてはどうでしょうか。

第二回写経会 →楽しい法話もあります。
7月4日(土) 午前10:00~

住職が優しく手ほどきしますので初めての方でも安心です。
※筆はさっぱりの方もご心配なく、書くことが大切ですから
筆記具は何でもOKです。

●第一回写経会(6/6)の写真です。
DSC_0237

初回にもかかわらず大勢の方にご参加いただきました。