「Topic(ご案内)」カテゴリーアーカイブ

Topic 2016/01/11

もう今日は成人式の日ですが、皆様はどのような新年をお迎えでしたでしょうか。
元旦には麓に霧がでて、まさに当寺の御詠歌そのものの景色でした。
その霧が晴れるとき山上まで霧が上り境内が霧に包まれたとき、この写真では少し判りにくいかも知れませんが、木々の間から差し込む斜光が御仏の後光のように感じられ大変綺麗でした。
※写真をクリックすると大きな写真でご覧いただけます。
20160101

この一年、神仏の光明はいつも自分に降り注がれているという
メッセージに思います。このような事が肌で感じられる清浄な
花山院にぜひお越しください。

Topic 2015/12/24

いい感じに小豆島の写真がとれましたので冬至小豆島に沈む夕日その2

冬至は太陽がいちばん南に沈むときですが、
花山院からみると播磨灘にある小豆島の真ん中
ぐらいに沈んでいきます。
今年は雲に邪魔されることなく夕日を撮影する
ことが出来ました。
これから一日一日と日が長くなっていくことを
感性を澄まして感じていきたいですね。

大自然の営みを自分自身の感性で感じる。
それが神仏を感じることへとつながっていきます。
いろいろな季節の変化を見せます冬の花山院も楽しいです
ぜひ、体感におこしください。

冬期の開門時間→雲海をご覧になりたい方へ
当山の麓の門扉は普段は朝の7時30分に開門して
いますが朝勤行の時に景色を見て霧が綺麗なときは
少し早めに開けています。

Topic 2015/12/15

12月中旬になってもまだまだ暖かい日が続いていますが
花山院では雲海を見ることができる季節になりました。
IMG_2190

このような雲海の景色を見れたときに
いつも思うのは
御仏の光と
心に曇りを作って遮っている
私たちの姿を彷彿とします。

幸運にも見ることができましたら
麓の霧を見下ろして心を晴らし、御仏とつながった思いで
お祈りをしてお帰り下さい。

見るためのポイント
濃霧で車が走行しづらいような早朝にお越しください。
麓の有馬冨士公園付近に霧がいっぱいある事が条件です。
いっぱいあっても、雨天の霧はだめですよ。
お日様が霧の上に感じることができるような場合です。

Topic 2015/10/24

麓では実りの秋、稲刈りの真っ最中ですが
皆さんお元気ですか、花山院の山本です。
当寺は巡礼寺院でありますが一般の方がお越しになって
景色だけでも十分楽しんでいただける寺院です。
境内では秋らしい爽やかな風が吹き抜け日々色づく木々が
呼びかけております。
これからはイチョウの木もその色を日毎に増し、少し遅れて
もみじ も色づいてまいります。
うららかな秋の日、北摂三田方面へお越しの節は
花山院菩提寺へもぜひお立ち寄りください。

花山院秋の遠景01

展望所から眺める景色は眼下に千丈寺湖、
正面に有馬冨士から六甲連山、遠方に播磨灘
澄み切った日には小豆島もご覧になれます。

境内のイチョウその2

 

Topic 2015/09/19

今年は残暑がなく、お寺参りに快適な9月なりましたが
皆さんお元気ですか花山院の山本です。

よくご質問いただく件についてお答えします。
Q.花山院さんは番外やけど何番目に行ったら?

西国巡礼開祖花山法皇の菩提所の住職としては
花山法皇にお参りをしてから巡礼を始めるのをよしとします。
法皇を讃え、その志を受け継いで巡礼する人はきっと大いなる仏果を授かります。
ご都合の良い順番でよろしいかと。

仙人草_1123
仙人草
実の先端につく白い羽毛状のものを仙人のひげに見立ててこの名前がついたとか、
当方を開かれた法道仙人もひげを伸ばされていたのでしょうか。

Topic 2015/07/27

 麓では夏のまっ盛り
クーラーなしでは写経なんてとてもの季節ですが
皆さん、お元気ですか花山院の山本です。

当山では毎月一回(第一土曜日)の写経会以外でも
いつお越しになっても自由に写経できる会場を
ご用意しています。
何かに愁い、急に写経してみたくなった方も
夏休みに写経をする!の方もお気軽にお越しください。

写経というと筆で上手にと思われる方も多いですが
仏様には字のうまい下手は問題なく、鉛筆やボールペンの使用もOKです

写経のメリット
お寺さん的な話としては
悩みをかかえた自分を次第に抑え、終えたときには
何かが吹っ切れて、元の清々しい気持ちを取り戻す
ことができます。
ですが

それ以外に
自然の治癒力が向上するとか
認知症予防にも効果的であるとか
大学の先生がいわれています。
→ぜひ、霊気に満ちた当寺でお試しください。

第二回の写経会の写真です。
DSC_0285

Topic 2015/07/01

今年も後半が始まりましたが皆さんお元気ですか。
参道を上がるのも少しきつい時節になってきましたが、麓に比べると涼しい風が吹き抜ける花山院です。
この季節、お寺で蝉の声を楽しみながら心を静め、写経に取り組まれてはどうでしょうか。

第二回写経会 →楽しい法話もあります。
7月4日(土) 午前10:00~

住職が優しく手ほどきしますので初めての方でも安心です。
※筆はさっぱりの方もご心配なく、書くことが大切ですから
筆記具は何でもOKです。

●第一回写経会(6/6)の写真です。
DSC_0237

初回にもかかわらず大勢の方にご参加いただきました。

Topic 2015/05/28

そろそろ麓のせせらぎでは蛍が舞い飛ぶ季節になりましたが
皆さんお元気ですか。
山上では新緑から青葉へと移りかわり、緑のシャワーを
あびた小鳥たちの生気に満ち溢れれた声でいっぱいです。
このシーズン、少し暑かったりしますが自然の生命(いのち)
を肌で感じるチャンスです。 ぜひお越しください。

6月になりましたら
今年初めての楽しい法話の聞ける写経会が
あります。→6月6日(土)

詳しくはこちらのパンフレット(FAX申込用紙付)をご覧下さい。

ていかかずら01

 

 

テイカカズラ→甘い香りがします。

Topic 2015/05/16

写経会開催のお知らせ

お寺ならではの空気感の中で写経しませんか?
ハニーFMでおなじみの弊寺住職の楽しい法話も聞けます。
お気軽にお越し下さい。
詳しくはこちらのパンフレット(FAX申込用紙付)をご覧下さい。

●開催日 毎月 一回 第一土曜日
 第一回は6月6日 午前十時から
●写経会場→納経所横の専用入り口からお入り下さい。
※楽な姿勢で写経していただけますようにお一人ずつのイス席です。
●参加するためには事前申込必要です。
必ず ホームページ、FAX、電話で前日までに申し込み下さい。
※ホームページからの申込を優先とさせていただきます。

■ホームページから申込
→問い合わせページから下記内容ご連絡下さい。
—————————–
題名:写経会申込 として下さい。
お名前:メールアドレス:
メッセージ本文:下記項目をご記入下さい。
 参加日: 参加人数: お名前(ふりがな):
 郵便番号: 住 所: 自宅電話番号: 携帯電話番号:
—————————–
■FAXで申込 →パンフレット(FAX申込用紙付)をご利用下さい。

Topic 2015/04/30

IMG_0762 連休がもう始まった方、これから連休の方、 そうではない方も、皆さんお元気ですか? 花山院住職の山本です。
当山もやっと新緑の季節になり、木々の生命が後押しするのか、麓から登ってこられる足音に元気さを感じる季節になりました。
大自然はまさしく法身(大日如来の生命)が目に見える形で現れた姿です。
行楽シーズン真っ盛りですがそのひとつとして当山にお越しになり、すがすがしい季節感の中で法身のいのちを感じてみませんか。


お知らせ
お好きなときに、十分な時間かけて自分に向かえる写経場開設しました。
今後、少しずつホームページ等でお知らせしますが、詳しくはお問い合わせ下さい。

Topic 2015/02/06

二月に入り受験シーズン真っ盛りですが、受験生の親御さんにとって心落ち着かない大変な時期であります。 弊寺にはこのシーズン、頼りになるお地蔵様がおられます。 ぜひ、お詣りにお越し下さい。 心が穏やかになれます。 DSC_0066 志望先への縁を結ぶ 結び地蔵→左 より賢くなれますように 賢者地蔵→右 ※手をしっかり握ってお願いして下さい。 受験がこれからのお子様へ持たせてあげられる 地蔵尊御守りもご用意しております。

Topic 2014/12/14

秋の観光シーズンが過ぎ、境内が静まった今が ゆっくり お詣りできるチャンスです。 非常に寒い時期ですが花山院菩提寺にお越し下さい 。DSC_0950

Topic

境内紅葉真っ盛りです。 イチョウはもう絨毯状態ですが、モミジはこれからが本番です。 是非お詣りにお越し下さい。DSC_0762